ヴィクトリアマイル予想

ヴィクトリアマイル

競馬場 東京競馬場
コース

芝1,600m

前哨戦 阪神牝馬ステークス
  中山牝馬ステークス
   
   
   
   

ヴィクトリアマイルは古馬牝馬の活躍の場を作る目的で21世紀に入ってから創設されたG1レースです。秋のエリザベス女王杯は秋華賞から3歳馬が参戦するのに対し、ヴィクトリアマイルは4歳以上の馬だけで行われます。

 

また天皇賞秋とジャパンカップという根幹距離かつ高額賞金のレースが近くにあるエリザベス女王杯には真の現役最強牝馬の出走は少ないですが、ヴィクトリアマイルは宝塚記念まで日数があるので、強豪の参戦が多く見られます。


ヴィクトリアマイル 2016年 予想 18頭

今年のヴィクトリアマイルは実績馬が揃いました。

 

誤魔化しの効かない府中のマイル戦で春の古馬牝馬が激しく激突します。


続きを読む 0 コメント

過去の予想記事は、東京競馬予想過去ログをご覧ください。


ヴィクトリアマイル 予想の要点

阪神牝馬S組が優勢。叩き2,3走目。

 

高松宮記念の出走は2例あり、どちらもストレイトガールです。基本的には阪神牝馬S、福島牝馬S、中山牝馬Sからの出走馬が好成績を収めています。

馬名 3走前 2走前 前走
2016 1 ストレイトガール 香港スプリント 09 休養   阪神牝馬S 09
  2 ミッキークイーン ジャパンC 08 休養   阪神牝馬S 02
  3 ショウナンパンドラ ジャパンC 01 休養   大阪杯 03
2015 1 ストレイトガール 香港スプリント 03 休養   高松宮記念 13
  2 ケイアイエレガント 中山金杯 13 京都牝馬S 01 休養  
  3 ミナレット ニューイヤーS 14 中山牝馬S 11 福島牝馬S 05
2014 1 ヴィルシーナ 休養   東京新聞杯 11 阪神牝馬S 11
  2 メイショウマンボ エ女王杯 01 休養   大阪杯 07
  3 ストレイトガール 尾張S 01 シルクロードS 01 高松宮記念 03
2013 1 ヴィルシーナ エ女王杯 02 休養   大阪杯 06
  2 ホエールキャプチャ クイーン賞 13 休養   阪神牝馬S 14
  3 マイネイサベル 休養   中山牝馬S 01 福島牝馬S 02

使い詰めの馬は少なく、前年にG1を使った後に休養し、○○牝馬ステークスを一叩きして本番に臨む、というのが王道と言えそうです。マイルだけでなく中距離でも実績を残した馬は大阪杯から臨む場合があります。

 

なお前走の着順は見ないようにしましょう。手を出しづらくなります。


東京マイルらしく中盤が緩い。

 

勝ち時計がやたら速くなる傾向にありますが、時計勝負に向くかどうかは関係なさそうです。ラップは東京マイル戦らしいタイムを刻んでいます。

 

2013と2014年はヴィルシーナがペースを握っていて、どことなく中距離戦らしいラップになっています。道中のラップは、そのレースのペースを握る馬の得意条件に左右される可能性はあります。

ヴィクトリアM 01 02 03 04 05 06 07 08  
2016 12.3 10.4 11.1 11.9 11.5 11.4 11.3 11.6 1'31"5
2015 12.1 11.0 11.2 11.2 11.4 11.2 11.6 12.2 1'31"9
2014 12.4 10.7 11.6 11.5 11.8 11.4 11.2 11.7 1'32"3
2013 12.4 10.8 11.4 11.7 11.9 11.4 11.2 11.6 1'32"4

平均を取るまでもなく払戻金は高いのが分かります。

 

二桁着順の馬が目立ちます。3年連続で1番人気が負けています。2016年は1,2番人気が馬券に絡んでいても三連単が4万円を超えています。

  単位:人気 単位:円
年度 1着 2着 3着 馬連 馬単 三連複 三連単
2016 7 1 2 3,510 9,790 6,090 48,310
2015 5 12 18 36,880 73,990 2,860,480 20,705,810
2014 11 3 6 8,450 28,050 50,720 407,940
2013 1 12 5 8,030 12,600 35,770 193,570

ディープインパクト中心で。

 

ディープインパクト産駒でかつ実績のある馬は有力です。フジキセキは全てストレイトガールになります。

 

スズカマンボの名前がありますが、Mr.Prospectorクロスを前面に作ったスピード強調型で、好調期に一発ある配合が上手く嵌ったと考えられます。

 

2015年2着に入ったケイアイエレガントはキングカメハメハ産駒で、スピードとスタミナのバランスの取れた優等生タイプの配合でした。ケイアイエレガントのようなタイプの配合馬は硬い馬場で苦戦する傾向にあるので、厳しいラップになるなど展開の助けが必要です。

  1着 2着 3着
2016 フジキセキ ディープインパクト ディープインパクト
2015 フジキセキ キングカメハメハ スズカマンボ
VM,種牡馬

結論

1. 牝馬ステークスから叩き2走目の馬を。

 

2. 前走着順は見ない。

 

3. ペースを握る馬が短距離馬ならラップは短距離らしく、中距離馬なら中距離らしくなる。

 

4 ディープインパクト産駒中心で選ぶ。


VM2014年
VM2013年
VM2012年
VM2011年
VM2010年
VM2009年
VM2008年
VM2007年