日本ダービー予想

日本ダービー

競馬場 東京競馬場
コース

芝2,400m

前哨戦 皐月賞
  NHKマイルカップ
  京都新聞杯
  青葉賞
  プリンシパルステークス 
   

競馬関係者の誰もが憧れる日本競馬の最高峰です。ダービーオーナーになるのは一国の宰相になるより難しいという英国の格言は日本ダービーにも当てはまると思います。

 

トライアルレースが充実していますが、本番で好成績を収めているのは皐月賞からの直行組です。よほど力が抜けていない限り別路線からダービーで上位に食い込むのは難しいです。

 

逆に前哨戦で強い走りを見せた馬はダービーで面白い存在になります。近年ではキズナが京都新聞杯から日本ダービーを勝っています。


日本ダービー(東京優駿) 2016年 有力馬血統分析

2016年日本ダービーに出走する有力馬の血統分析をしました。皐月賞前にした血統分析にその後登場した有力馬を加えたものになっているのですが、皐月賞の後にこれだけ多くの有力馬が現れた年はエイシンフラッシュの勝った年以来のように思います。


続きを読む 0 コメント

過去の予想記事は、東京競馬予想過去ログをご覧ください。


皐月賞上位組が圧倒的。京都新聞杯で強かった馬は要注意。

 

皐月賞、京都新聞杯、青葉賞の順で馬券になり、他の路線からは皆無です。

馬名 3走前 2走前 前走
2016 1 マカヒキ 若駒S 01 弥生賞 01 皐月賞 02
  2 サトノダイヤモンド 500万下 01 きさらぎ賞 01 皐月賞 03
  3 ディーマジェスティ 休養   共同通信杯 01 皐月賞 01
2015 1 ドゥラメンテ セントポーリア賞 01 共同通信杯 02 皐月賞 01
  2 サトノラーゼン ゆきやなぎ賞 03 はなみずき賞 01 京都新聞杯 01
  3 サトノクラウン 休養   弥生賞 01 皐月賞 06
2014 1 ワンアンドオンリー 休養   弥生賞 02 皐月賞 04
  2 イスラボニータ 休養   共同通信杯 01 皐月賞 01
  3 マイネルフロスト 共同通信杯 04 毎日杯 01 青葉賞 06
2013 1 キズナ 弥生賞 05 毎日杯 01 京都新聞杯 01
  2 エピファネイア 休養   弥生賞 04 皐月賞 02
  3 アポロソニック 京成杯 07 山吹賞 01 青葉賞 02

京都新聞杯と青葉賞組が馬券に絡むことは分かりましたので、次はどういう条件を満たせば良いのか検討してみます。

 

感覚的にハイレベルだったと思えばそれでよい。

 

上の太字が結論です。言葉を失う内容なので少し補足をしますと、皐月賞の項で説明した厳しいラップで強い競馬をした馬を指していると思って下さい。

 

下にサトノラーゼンとキズナの勝った京都新聞杯、それにマイネルフロストとアポロソニックの出走した青葉賞のラップ、さらには皐月賞のラップを載せました。

京都新聞杯  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11
2015 12.3 10.7 12.2 12.1 12.1 12.6 12.5 11.9 11.4 11.9 11.6
2013 12.2 10.4 12.3 12.0 12.3 12.3 12.6 12.3 12.1 11.8 12.0

どちらも厳しいラップでした。

 

2013年は08ハロン目から終いまでバタバタになっているのでキズナは展開に恵まれた面があります。しかし、レースの上りが35.9のところを34.5で差し切ったのは並外れた能力がないとできません。

 

2015年は終いまで全く緩まない厳しいレースで、サトノラーゼンは5番手から抜け出す強い競馬を見せました。他の上位陣は差し追い込みだったので、サトノの強さが伺えます。

青葉賞  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 12.5 10.9 12.4 12.6 13.0 12.6 13.1 12.5 12.1 11.8 11.1 11.9
2013 12.5 11.6 12.5 12.7 12.6 12.9 12.5 12.3 11.9 11.4 11.6 11.7

青葉賞はどちらも緩いラップでした。

 

2014年は13秒台が2度あるかなりの緩さで、このレースで6着だった馬がよく日本ダービーで3着に来たものだと感心します。もっとも皐月賞の項で説明したように、2014年の皐月賞のレベルは疑問だったので、マイネルフロストが食込めたのかもしれません。

 

2013年は13秒台がないものの大概緩いレースで、この青葉賞で2着の馬がダービーで3着に入ってしまうわけですから2013年の皐月賞のレベルをちょっと疑ってしまいます。

皐月賞   01 02 03 04 05 06 07 08 09 10  
2016 12.0 10.7 11.5 11.7 12.5 11.5 12.4 12.2 11.6 11.8 1'57"9
2015 12.5 10.7 12.0 11.8 12.2 12.2 12.1 11.7 11.4 11.6 1'58"2
2014 12.3 11.4 11.9 11.9 12.7 12.1 12.0 11.6 11.7 12.0 1’59”6
2013 12.0 10.6 11.5 11.6 12.3 12.1 12.0 11.9 12.0 12.0 1’58”0

長々と書いてしまいましたが、自分なりにトライアル競走に値付けをするときにラップタイムを用いると、何となく分かったような気になれるので、有効ではないかと思います。


スタミナ能力は考えずディープインパクト産駒を。

 

ここ5年でディープインパクト産駒が15頭中7頭と半数近くを占めています。二番手は横一線です。オークス同様にスタミナ豊富な血統構成をした馬は苦戦する傾向にあります。

  1着 2着 3着
2016 ディープインパクト ディープインパクト ディープインパクト
2015 キングカメハメハ ディープインパクト Marju
日本ダービー,種牡馬

日本ダービーのラップ。

 

前週のオークスと違ってラップがシビアです。なお2014年08ハロン目は故障馬による異常値であり、2015年は硬い馬場の影響が出ているのでそれぞれのハロンに0.1秒ずつ加算すると他の年と比較できる数値になります。

 

1ハロン12.5以上の数(※上記修正後の値で計算)は、2016年2回、2015年4回、2014年3回、2013年3回となっています。

 

オークスの項で指摘したように、厳しいラップの年で好走した馬、特に先行馬は、消耗度が大きくその後のキャリアで苦しむ傾向にあります。2016年のダービー上位組は差し馬ばかりですが、古馬になってからガタが来るおそれがあります。

ダービー 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12  
2016 12.6 11.1 11.9 12.1 12.3 12.9 13.1 11.8 12.0 11.6 11.0 11.6 2’24”0
2015 12.7 10.8 11.8 11.7 11.7 12.5 12.5 12.4 12.4 11.9 11.0 11.7 2'23"2
2014 12.5 10.6 11.8 12.2 12.5 12.1 12.7 13.6 12.2 11.6 11.1 11.7 2’24”6
2013 12.3 10.5 12.2 12.5 12.8 11.9 12.7 12.3 11.9 11.6 11.7 11.9 2’24”3

結論

1. 皐月賞直行組中心。

 

2. 京都新聞杯、青葉賞組は自分で強そうだと思った馬だけ選ぶ。

 

3. ディープインパクト産駒。


日本ダービー 過去結果

ダービー2014年
ダービー2013年
ダービー2012年
ダービー2011年
ダービー2010年
ダービー2009年
ダービー2008年
ダービー2007年